子供も笑える絵本

Pocket

◎りんごかもしれない
まだ読んだことがないという方に、ぜひ最初に読んでほしいのが、この『りんごかもしれない』という絵本です。
題名を聞いただけでは、なかなか内容が想像しづらいのですが、たった1つのりんごから広がる、
少年の想像の世界に思わず引き込まれてしまいます。
ページをめくるたびに『こう来たか!』とワクワクさせられますよ。
大人でも読んでいて楽しいので、子どもたちは相当なはずです。
私も子どもたちもヨシタケさんのファンになるきっかけになった1冊です。
イラストが多くて分かりやすいので、まだ文字の読めないお子さんでも十分楽しめますよ。


◎ふまんがあります
こちらは違うシリーズの、『ふまんがあります』という絵本です。
子どもが考える『大人に対する不満』を、お父さんがアレコレ“言い訳”していく内容なのですが、その言い訳がどれも秀逸なのです。
画像の1ページを見ても分かるように、『なぜ私ばっかり怒られるのか…』という不満に、
『優しいお姉ちゃんは王子様に人気がある』という、なんとも夢のある言い訳が。
読み終わった後は、大人も子どももハッピーになれるでしょう。
寝る前の読み聞かせにもオススメの1冊です。
同じシリーズで『りゆうがあります』という絵本もありまして、
これは逆に、大人が抱きがち『子どもに対する不満』を、子供がなんともうまく言い訳していく内容です。
こちらも親子で笑える本ですので、ぜひ手に取ってみて下さい。

◎はやくちこぶた
内田麟太郎作、早川純子絵のこちら、早口言葉ならぬ『はやくちこぶた』。
早川純子さんのダイナミックな絵がさく裂し、奇想天外の世界をもりあげてくれる作品です。
実はこれ、読む人を奇想天外の渦に巻き込むスケールの大きな絵本なんです。
大きなセミのおしっこの滝や、とてつもなく大きな飛行機がでてきて、子どもが食いついてそれだけで盛り上がりそうですよね。
子供たちは『こんな飛行機乗ってみたーい』っと食い入るように見ることでしょう。
予想外のおおきさのものが、どんどん出てきます。
そしてページのすみずみまでよく見ると、いろんなふしぎな生き物が…さて皆さんも見つけることが出来るでしょうか?
内田麟太郎さんの奇想天外テキストと、早川純子さんの絵の世界が完璧にコラボした最高の一冊です。


いかがでしたか?
たった1ページ見ただけでも、思わずゆるいイラストも可愛いですし、
小さな子から大人まで年齢関係なく楽しめるのも人気の秘密だと思います。
どれもお子さんと一緒に楽しめる内容ですので、親子で読んでみてはいかがでしょうか。

More from my site